保育士の給料を上げることが重要である

保育士の給料は他業種と比べて10万円以上低いと言われているので、その仕事では都市部で生活するのはとても難しいです。

そのためこの仕事に関して興味があっても、金銭的なことを考えて他業種の会社に就職する人が沢山います。

好きな仕事をするのに越したことはありませんが、生活するためには理想ばかり言っていられないのが現実です。



そのため保育士の仕事をしたくても、給料の低さから諦めてしまう人が大勢いるのです。ただ特に都市部においては夫婦共働きの家庭が多いために子どもを保育園に預ける人が沢山います。

しかし保育園には当然決められた数の保育士がいなければならないので、その数が足らないと開くことができないのです。
ですから保育園そのものはあってもその業務に就く人がいないために、子ども達を受け入れることができないところが沢山あります。
それでは保育園に子どもを預けることができないので、母親は仕事を辞めるしかなくなってしまい国にとっても大きな損失となってしまいます。



働き手の数が年々減少していく中で女性が活躍しなければこの国は成立しないところまで来ているのに、子どもを保育園に預けられないために仕事を辞めなければならないとするとその損失は計り知れないのです。


そのようなことにならないようにするためにも、保育士の数を増やす必要があります。

そのためにも保育士の給料を他業種とあまり変わらない位のレベルまで引き上げることが重要になってきます。